前へ
次へ

覚えておきたい、葬式に参列する時のマナー

友人や同僚の葬式に参列した時に最も注意しておきたい点の一つは、挨拶に関連したマナーを守ることです。
悲しみに沈んでいる遺族に対してお悔やみの言葉を述べるのは非常に大切なことですが、その際決して忌み言葉を使うことがないよう注意します。
なぜなら、不幸が続くことを連想させるような忌み言葉を使うことは、葬式の挨拶で示すべきマナーに反することとされているからです。
また、葬式に参列する際には服装に関するマナーを守ることも必要です。
男性であっても女性であっても、基本は黒色のスーツやワンピースに黒色の靴ですが、特に女性の場合は肌の露出を避けるような服装をするのがマナーです。
葬式に参列する子供に関しては、学校の制服があれば制服を着用するのがマナーですが、制服がない場合は黒系の地味なズボンやスカートを着用することができます。
靴下は黒色か白色のものを選ぶことができますが、靴は光沢がない黒色のものを履くのがマナーです。

Page Top