前へ
次へ

身内で不幸があった場合に必要な準備内容

普段社会人として仕事をする生活をしている場合、突然訃報の知らせが届く場合があります。
故人との関係にもよりますが、生前とてもお世話になった人であればしっかりマナーを守って最後のお別れの為に葬儀に参列する必要が出てきます。
もちろん故人との関係が知人や友人以外に、仕事の関係の人などであってもマナーを守った対応は基本になります。
ただし実際に自分が葬儀に参列する側ではなく、身内に不幸が起こった場合は自分達が親族になるので様々な準備が必要となってきます。
ではまず何を準備するかですが、最初は近親者に対して連絡する必要が出てきます。
親族だけでなく親戚などへの連絡を行います。
その後は葬儀会社への連絡を行い予定を進めていく必要が出てきます。
また遺影に使用する写真の準備の他に、手続きとしては銀行預金や死亡届けなどを行います。
また葬儀会社と合わせて火葬場の予約などの必要になります。
ただし葬儀会社のサービスによっては火葬場の予約なども合わせて行ってもらえる場合もあります。
また遺族のなかから喪主を決めたりと、色々と準備が必要となってきます。

Page Top