前へ
次へ

故人を葬るためのしめやかな儀式です

葬式とは亡くなられた方を葬ると言う意味のしめやかな儀式と言う事になります。
結婚式のように派手ではなく、黒と白に覆われ、または包まれて静かにひっそりと執り行われる儀式となります。
葬式のその多くは亡くなられた方の自宅で執り行われる場合と、今では葬儀専門に取り扱っている葬儀社で一切を取り仕切ると言う2種類があります。
自宅での場合は、業者より祭壇を自宅内の広まった場所に設置してもらい、親族または友人知人などから贈られた花々でその祭壇の廻りを飾り付けるます。
そして祭壇を前に檀家である住職の読経が始まり、住職の後方には遺族と親族、そして友人知人などが座り、読経を聞きながら拝み、そしてお焼香をする事になります。
その時に、弔電なども読まれると言う事にもなります。
全ての読経が終了すれば、今度は故人の亡骸が入っている棺を自宅より霊柩車に搬送して、火葬の場所、斎場に向かう事になります。
火葬が全て終了した後に、故人に手向ける事としてのお斎で葬儀の幕が下ります。

Page Top