前へ
次へ

弔電を読むか読まないかの対応はどうするか

お葬式のときに司会者がアナウンスすることの1つとして弔電の存在があります。
これは葬式に出席できない人が哀悼の意を表明するための電報です。
このときに気になることの1つが、告別式の最中に読むか読まないかとなります。
これは喪主と司会者の打ち合わせの際に、喪主が決定するべきことでありまして、絶対的なルールは存在しません。
その葬式では現在は多様化していまして、一般葬に代わって家族葬が台頭してきています。
その家族葬では近親者以外の人は基本的に出席を遠慮していただくので親族以外の世間の目を気にしないで済みます。
ということは家族葬の場合ば弔電はいちいち読まないでも差し支えないことになります。
一方で一般葬の場合は難しい立場にさらされやすいかもしれません。
というのは誰が来ているかはその儀式の最中にはすべてを把握することはできないからです。
もし弔電を出した会社関係の人が来ていたとして、その場で弔電を読まれなかったなら、後でその会社関係の人が弔電を出した代表者などに報告をしている可能性があるかもしれません。
そしてその結果として何か後で悪い査定に響くかもしれないことを念頭に行動しないとなりません。
言い換えればこれは会社組織などにとっての立場を利用した宣伝行為になりえることを理解しておかねばなりません。

Page Top