前へ
次へ

家族葬を徹底するために密葬でのスタイルが

近頃の葬式では大規模に行わずして、逆に小規模に済ませる傾向が一般的になってきています。
その一環として一般葬ではなくて家族葬が主流になりつつあります。
これの良いところは親族以外の人を参加させないために余計な気遣いをしなくて済むことです。
一部の葬式業者では安さをアピールしていますが、これが最大の理由ではありません。
安さだけをアピールするのであれば、それよりもはるかに簡素で安い直葬プランにして本当の家族だけの参加にすれば済むことです。
さてその余計な気遣いをしなくて済ませるために、さらに一段と踏み込んで密葬にする人が増えてきています。
これは本当の家族だけが葬儀に参加し、それ以外の義理などの親族は参加させないスタイルです。
そして葬儀が行われること自体も知らせないまま終わらせてしまいます。
葬儀が終わったら年末あたりに喪中はがきを出して終わりにさせます。
これで親族間のややこしい関係や言動を排除できることになります。
この密葬スタイルでの葬儀は本当の家族しか参加していないので、弔電というややこしい問題も排除できるようになります。
なお死亡届を出す際には、葬儀業者が代行で公開するか否かを訊いてくるので、公開しないを選択しないとなりません。
これを怠ると情報が漏れてしまうことになります。

Page Top