前へ
次へ

葬式での弔電の対応をいかにするべきか

お葬式をするうえで儀式の途中で出てくることの1つに弔電があります。
これは都合で会場へ行けない人が電報の形でお悔やみを申し上げてる文書です。
この文書が何通か司会の人に紹介されることがあります。
問題はその弔電の対応となります。
この弔電を読むか読まないかは喪主が決めることになります。
そのため司会者が独断で決めてはなりません。
トラブルにならないためにも司会者は予めに早い段階で喪主と打ち合わせておかないとなりません。
というのはその弔電は大半のところでは3通ほどが読まれて、多い場合は割愛されるのが一般的傾向ですが、喪主の希望次第では何十とある弔電を全部読めなど要求してくる場合もあります。
となるとそれらを全部読んでると何時間もかかって儀式全体が間延びしてしまいます。
その間延びするために火葬場へ行く時刻などが遅れるけど構わないかなどを訊いて承諾してもらわないとなりません。
逆に弔電を読んでもらうなと希望する喪主もいます。
一部地域では面識のない人からのが届いたりなどする場合もあります。
だから司会者は喪主に対して訊いたうえで、喪主の希望通りに事を進めなければなりません。

http://www.ceremony-shinkisya.com/
家族葬のご相談は堺市のシンキ倶楽部

新潟県で家族葬の葬儀をするならVIPシティホールにお任せください

Page Top